働くひと

【中編】「仕事の軸は、ない」 “平社員” 水島俊介が、子会社CEOとなるまで

 
 
29歳の若さで3つの海外子会社のCEOに抜擢され、現在500人ものスタッフを率いて経営を任されている水島さん。彼の仕事の“軸”を聞くと、そんなものはないと言う。彼はどのように働き、今のポジションへ至ったのか。

今回は、彼にレアジョブでの仕事を振り返ってもらうと共に、彼を最も近くで見てきた元上司の西條さんからも当時のリアルな状況を聞く。

水島 俊介 | ENVIZION PHILIPPINES, INC. CEO / Ripple Kids Educational Services, Inc. CEO/RareJob English Assessment, Inc. CEO

新卒でGoogleに入社。2016年、レアジョブに入社し、まもなくENVIZION PHILIPPINES, INC.の立ち上げに参画。その後COOとしてオペレーション設計、人事システム設計を経て、2018年9月CEO就任。

2019年には子ども向けオンライン英会話サービスのRipple Kids Educational Services, Inc、および英語学習サービスの「評価」機能における事業展開を担うRareJob English Assessment, Inc.のCEOに着任。現在3つの会社のCEOとして500人のマネジメントに従事。

西條 | 初代 Envizion Philippines, Inc. CEO

大学卒業後、外資系レストラン勤務を経てワーキングホリデーでニュージーランドへ。その後、アメリカで大学院まで卒業し、帰国。ソーシャルゲーム関連の企業に転職し、同社の海外拠点立ち上げの担当としてベトナムに渡る。

2016年、レアジョブに入社。フィリピンで子会社のEnvizion Philippines, Inc.立ち上げに従事し、初代 CEOを務めた。

レアジョブ入社

前回お話しさせていただいたのですが、僕が生まれてからレアジョブ入社までの軌跡を纏めると以下のようになります。

まず高校3年までサッカーに明け暮れるも、膝の持病により挫折。

突如としてパイロットを目指し始め猛勉強するも、身体測定でハウスダストアレルギー値の問題が見つかり挫折。

ノープランでフィリピンに出向き英語を猛烈に学ぶも、目的を見失い燃え尽き。

就職するも1年で転職、転職先の企業も1年で退職。

この2社目の会社を辞めた時は、「何でも良いから自分が没頭できるものをくれ」というような状態だったと思います。
アレがしたいとか、このようなキャリアを歩みたいとか、ないんです。自分が全身全霊で取り組めるものであれば何でも良い。暇になりたくない。

「ゴミでも死体でも何でも食うからとにかく飯をくれ!」と言いながら、渇ききった状態でサバンナを練り歩くハイエナです。そんな状態でたまたまたどり着いたのが、レアジョブでした。

「何でもやる」と伝えると、入社後いきなり「フィリピンのカガヤン・デ・オロに行けるか」と言われ、見知らぬ社員(西條さん)とタッグを組んで海外事業の立ち上げを担当することが決まりました。

どんな人なんだろうと思っていたら、『グラップラー 刃牙』の花山薫をロン毛にしたような印象で、フィリピンに行く前に数回話した感じではどうも息が合わなそうだなという感じでした。

補足:西條さん目線 〜入社当時の水島君の印象〜

水島君ですか?ああ、「ヤバイ奴だな」と思いましたね。

私と水島君は入社のタイミングがほぼ同じで、レアジョブの社内オリエンテーションを一緒に受けたんです。それが、彼との初対面の場だったはずです。

まあ、私より20歳近く離れていますし、若手の中途入社であれば活気みたいなものに満ち溢れてるじゃないですか、普通。「これから頑張っていこう!」という雰囲気を持ってますよね。それが全く感じられない。

オリエンテーション中も、何も発言なし。質問もしない。よく言えば落ち着いている、悪く言えば前のめりなやる気を感じられない。

その後、自分と一緒にカガヤン・デ・オロに行くのは水島君だと告げられ、オリエンテーションを思い出して少し震えました。フィリピンに旅立つ前に一度だけ彼と2人で会議室にこもってミーティングをしたんですが、その時もスタンスは全く変わりませんでした。

会話は全く弾まず、話題は合わず、ただただジェネレーションギャップみたいなものだけを2人が感じて、お開きです。

まあ、でも私もわりと適当な方ではあるので、「上手くいかなかったら帰れば良いよね」と軽く言ってみたところ、「そうっすね」と爽やかに笑っていました。

なんかもう、なるようになるか…という感じですよね。

カガヤンデオロ到着、事業の立ち上げ

カガヤン・デ・オロと言われ“フィリピンの田舎”を想定していましたが、実際には想像を絶していました。こんな場所で果たして事業が成り立つのか?というレベルの、ハイパー・ド田舎です。

元々、治安の面でも危険な地域だと聞いていましたが、最初の2週間ほど滞在することになったホテルがもう牢獄でしたね。

虫も出るわ騒音も凄まじいわ…で、自分は一体どこにいればいいのか、と。それでも生きているという事実にただ感謝する毎日です。

ホテルには洗濯機が付いていなかったんですが、コインランドリーみたいなものも近くになくて、西條さんと共にタクシーで探し回ったのを覚えています。

結局どこにもコインランドリーはなくて、自分たちが泊まっているわけでもない謎のホテルに行き、金を出してランドリーサービスだけお願いしたりしました。

普通に生活することもできない状態です。

でも、そんな大変さに追われながらも、自分のテンションが自然と上がっているのを久しぶりに感じてはいましたね。何か、飽きずに没頭できそうなことが見つかった感覚だったのかもしれません。

補足:西條さん目線 〜カガヤン・デ・オロ到着直後の水島君の印象〜

彼はフィリピンに留学していたと聞いていたので、現地慣れしているのかと思いきや、これが全くもってダメでしたね。

まず、現地の飯が食えない。虫を見たら絶叫。ちょっと音がしただけで「騒音で寝れない」と大騒ぎ。カガヤン・デ・オロでの第一声が「ってか、もう日本帰りたいっすよ」でした。

これがゆとり世代というやつか…と、悪い意味で感動しました。

最初に滞在していた薄汚いホテルでは、耳栓にマスクにアイマスクという謎の変質者スタイルで縮こまりながら寝ていました。理由を尋ねると「ゴキブリの数が常軌を逸しているので、穴という穴を塞いでおかないと侵入される恐れがある」と真剣に語っていました。

挙句の果てには、早起きにも程があるだろうという夜明け前から起き、1人で瞑想をしているんです。こっちから見たら、ただの奇行ですよ。

正直、日本で顔を合わせた時よりも不安は強くなりましたね。果たしてこんな人間と一緒に事業をやっていけるのか?と。

カガヤン・デ・オロ、プロジェクト始動

カガヤン・デ・オロで働き始めた当初は、とにかく働きづらかったのを覚えてますね(笑)

そもそもカガヤン・デ・オロのプロジェクトは、講師を大量に採用して巨大なレッスンセンターを作ることだったんです。

すでにHRスタッフやアドミンスタッフも採用されていて、それはレアジョブフィリピンが主導となって進められてきたものでした。

「これから本格稼働させよう!」というタイミングで日本人が送られてきた…という感じなんですよね。つまり、これまではレアジョブフィリピンのスタッフがマネジメントしていたので、僕たちにはまずもって威厳が全然ありません。

しかも、僕も西條さんも転職直後で、レアジョブのことを全く知らない人間です。一体、ビジネスが現在どのような状態になっていて、どのように収益を出していて、どこに誰がいて、どこに向かっているのか。これがよくわかっていなかったんです。

さらには、フィリピンでの商習慣もよく理解していなかったので、細かいことでいちいちつまずきました。

だけど、そんななかでも、やりたいことは無限にありました。まずは、企業カルチャーの土台を作り上げたいと思っていましたし、事業の展開に合わせてオペレーションフローを抜本的に変えたかった。

とにもかくにも、何もかものレベルを引き上げて、認められる必要があると思いましたね。レアジョブについて熟知する。フィリピンのビジネスに精通する。すべてのスタッフを覚えて関係を深める。

何をやっていたかを細かくは思い出せないんですが、自然と日々の仕事に没頭していった記憶があります。

補足:西條さん目線 〜カガヤン・デ・オロで仕事をし始めた時の水島君〜

正直、仕事を一緒にし始めてすぐに「これはものすごい人間かもしれない」と思いましたね。

まず、純粋に働き方が尋常じゃなかったです。誰よりも早くにオフィスに到着して、誰よりも遅くまでオフィスに残っていました。
そして、オリエンテーションの時とは別人のような熱量で仕事に取り組んでいました。

たくさん働くから偉いといった考えは古くさいですが、さすがに、このゆとり世代丸出しの人間が烈火のごとく働き始めたら驚きますよ。本当に死ぬほど働いていましたからね。

あと、彼は、inputの量が尋常じゃないんです。

たとえば、他のオフィスから、レアジョブのビジネスについて記載されている100枚近いパワポが送られてきたことがあったんです。でもそれが届いたのは、夜ですよ。それなのに彼は、次の日の朝にはそのパワポの一言一句すべてを理解して、議論を制していました。

それ以外でも、彼の読書量は普段からものすごくて、話題の本から古典までさまざまな知識を取り入れ、その内容を自分なりに抽象化して仕事に応用していました。

こっちも危機感を覚えるくらい徹底してinputしようとするんです。

だから、議論をしていても、裏付けが常にあるんですよね。言っていることに、納得感がある。

あ、こいつ、さてはただのナメた小僧じゃないな、と。
僅か数週間でそう感じたのを覚えています。

 
 
>>>【後編】「仕事の軸は、ない」 “平社員” 水島俊介が、子会社CEOとなるまで   へ