働くひと

【前編】「仕事の軸は、ない」 “平社員” 水島俊介が最年少CEOとなるまで

 
 
29歳の若さで3つの海外子会社のCEOに抜擢され、現在500人ものスタッフを率いて経営を任されている水島さん。どのような考えを基にビジネスマンとして成長してきたのか、彼の仕事の“軸”を聞こうとインタビューを試みたが、答えは意外なものだった…。
 

水島 俊介 | ENVIZION PHILIPPINES, INC. CEO / Ripple Kids Educational Services, Inc. CEO/RareJob English Assessment, Inc. CEO

新卒でGoogleに入社。2016年、レアジョブに入社し、まもなくENVIZION PHILIPPINES, INC.の立ち上げに参画。その後COOとしてオペレーション設計、人事システム設計を経て、2018年9月CEO就任。

2019年には子ども向けオンライン英会話サービスのRipple Kids Educational Services, Inc、および英語学習サービスの「評価」機能における事業展開を担うRareJob English Assessment, Inc.のCEOに着任。現在3つの会社のCEOとして500人のマネジメントに従事。

仕事の軸

「これまでどのような軸で働いてきたのか」という質問をよく受けるんですが、まず、自分のなかで一貫した軸というものが見当たりません(笑)

「とにかく成長スピードを最大化しようと思って動いてきた」とか、「日本の未来のためにできることをしようと思った」とか、「国際的な舞台で活躍したいと考えていた」とか、そういう一本筋みたいなものって、何もないんです。

ちなみに、これは仕事のみならず、人生単位で振り返ってみても思い当たりません。昔から変わらずやってきたことがバックボーンとなって、今のこれにつながっている…という流れが皆無です。この人の生き方に憧れて…というような人物さえ思いつきません。

結局、その時々で直面した出来事に対してフラフラと場当たり的に対応してきた結果が現在の状態なんだと思います。それもスムーズに進んだわけではなく、それぞれのフェーズで他の人より足踏みしてきました。

とは言え、紆余曲折を経て海外子会社3社のCEOというポジションに抜擢され、ありがたいことに500人近い社員をフィリピンでマネージする立場になりました。

何でこんな状況になっているのか自分でもよくわかりませんが(笑)、今回はこれまでの人生を振り返り、自分がその時々でどんなことを考えて生きてきたのか、いかにそのキャリアに一貫性というものが存在しないのか、赤裸々に振り返ってみたいと思います。

何かヒントになるようなことがあれば…もしあれば、それは幸いです。

小学校―高校 サッカーの始まり

まず物心ついた頃から高校3年生までを一気に振り返りますが、この頃に関しては「サッカーをしていた」以外に語るべきことは特になしです。食う・寝る以外の時間はほとんどサッカーだったと思います。

元々あまり裕福な家庭ではなかったのですが、僕が小1 の時にオヤジが粗大ゴミ置き場からテレビを拾ってきて(笑)、それを直して使えるようにしたことがあったんです。

拾ってきたテレビで拾ってきたビデオを観たんですが、それがサッカーの総集編みたいなもので、それに感化されました。そこからは、毎日サッカーです。

中学高校と進学してからも勉強した記憶は一切なく、英語の点数は常に3点くらいでした。10点を超えれば御の字。0点でもやむなし。自分が将来海外で英語教育に携わるとは夢にも思いませんでした。

サッカーは相当にのめり込んだこともあり、プロとして生きていくということも視野に入っていましたね。

高校―大学 サッカーの終わり

サッカーへの情熱だけでガムシャラに走り抜けてきましたが、そのまま順調に…とはいきませんでした。理由は持病です。15歳頃から右膝に慢性的な痛みを抱えていて、それが高校生になると日に日に悪化していきました。

医者に診て貰ったところ「軟骨が擦り減ることで膝がバグっている」という大雑把な診断を受けました。

恐らく、自分の体格に合わない力を出そうとしていたんだと思います。高校生活が終わる頃には全力で走ることもままならない、という状態になってしまいました。

高校生最後の試合も、後半15分ほどで走れなくなって交代。大学に入ってからも約9カ月リハビリを続けましたが、結局、膝が治ることはありませんでした。

本当にサッカーしかやってこなかったので、この18歳のタイミングで文字通りすべてを失ったかたちになりました。淡々と振り返りましたが、もちろん絶望感は半端じゃなかったです。

ただ、大好きなサッカーをこれだけやってこれたんだからもう満足だ、という気持ちもあって、そういう意味では人間として燃え尽きたとも言えるかもしれません。もう自分の人生に悔いはないな、と。(笑) 真剣にそんなことを思っていました。

大学1年―2年 パイロット

サッカーを諦めて自分自身として燃え尽きたタイミングで、ぼんやりと残りの時間で何をしようかと考えた時に最初に脳内に現れたのは、「パイロット」という文字でした。

ここから、それまでのサッカー漬けの毎日から打って変わってパイロットになるための勉強が始まります。

これ、今考えても、なんでパイロットを志したのかよくわからないんですよね(笑)。それまでの人生でパイロットの「パ」の字も出てきたことがなかったのに、前触れなきパイロットです。

ただ、決して裕福ではなかった親の夢が、「息子をパイロットにすること」だったので、まあ親孝行でもするか…と思っていたのはあると思います。

恐らく、何でもいいから「何か打ち込めること」がほしかったんじゃないかと思います。サッカーを失った悲しみを紛らわせる他に、何かに没頭している状態に自分を持っていきたかったんです。

パイロットになるには、大学を2年修了した上で国立の航空大学を卒業しないといけません。そして、航空大学の試験は一次が筆記、二次が身体テストです。

これまで全く勉強をしてこなかったのでとにかく一次試験を突破すべく、数学や物理の勉強に明け暮れました。ほとんど我を失った狂人のように一年間ほど勉強し模試を受けると、一次試験は突破できるという判定が出ました。

二次試験は身体検査ですが、これも対策が可能で、事前に病院で検査を受けて問題のある箇所は先に治療しておくことができます。

本試験が数カ月後まで迫った大学2年の冬。この事前検査のため病院を訪れ、身体のあらゆる部分を綿密に検査。膝はサッカーはできないものの基準値をクリアしていたようでパス。しかし、医者には「膝とは別に、とある重要な不治の病が見つかった」と告げられます。

大学2年 パイロットの終わり

「ハウスダストアレルギー値が基準をクリアできません」

医者からこの言葉を告げられた時、一瞬何を言っているのか僕は理解することすらできませんでした。決して治ることのない病、ハウスダストアレルギー。家の中のチリやホコリによってクシャミや鼻水が出る、例のアレ。

このアレルギーが理由で、航空身体検査の試験をパスすることはできないと断定されたのです。もうこれに関しては「ナンジャソリャ」以外の感想が何も出てきません。こうして、サッカーに続き、パイロットになるという夢も失いました。

こうなると、悲しみや絶望を通り越えて、グフグフと笑いが込み上げてきます。人生ってつくづく上手くいかないもんだな、と(笑)

大学2年―3年 フィリピン

この一大事件の2週間後、僕はフィリピンの語学学校に居ました。もう人生に流れもクソもへったくれもありません。サッカー、パイロットの次は、突然のフィリピンです。

当時、何を考えていたのか、どのような壮大な考えに基づいてフィリピンに語学留学することにしたのか、これもサッパリわかりません。

「もうダメだ。今まで人生で取り組んできたものはきれいにすべて失ったし、大学はトップ校ではないし、英語くらい喋れないと話にならないでしょ、コレ」くらいのテンションだったと思います。
例によって、パイロットという人生の目標を失った喪失感を紛らわせるために、何でもいいから打ち込めるものがほしかったんだと思います。“英語を勉強する” というわかりやすい作業に、とにかく自分を没頭させたかったんです。

語学学校では約3カ月間、1日17時間近く英語を勉強し、他の日本人に日本語で話されても無視をするというKYを発揮した結果、TOEICのスコアは300点台から910点まで上がりました。その後、そのままマニラにある大学に留学しました。

フィリピンの終わり

一方で、「英語を身につけて何かをしよう」と具体的にその先を思い描いていたわけではないので、ある程度話せるようになってからというもの、また燃え尽きてしまいました。英語の勉強はもう充分だし、フィリピンの大学の授業も面白くない。

サッカー、パイロット、英語と、目の前にあるわかりやすい課題をひたすらにこなしてきたんですが、とうとうすべて尽きてしまい、もう何もやる気が起きませんでした。この時は本当に精神的に落ちていたと思います。

実は、マニラにある子会社、RareJob Philippinesでインターンとして働き始めたのは、このタイミングでした。

で、ここから、「レアジョブに入ったことでやりたいことや、新たな目標が見つかり、仕事にのめり込み始めた」という展開になりそうじゃないですか。
全くもって、そんなことにはなりませんでした。

レアジョブでインターンをし始めた当初は教材の日本語チェック等が当時の僕の主な業務内容だったのですが、仕事中はずっとYouTubeを見ていました。

レアジョブ創業者であり、当時の社長だった加藤さんからは「唯一何も成し遂げずに辞めていったインターン生」という太鼓判まで貰っています。

サラリーマンの始まりと終わり

結局日本に戻り、就職活動をします。大学は奨学金で通っていたので、それをすぐに返済したいと思い、給料の良い企業に就職したいと漠然と考えていました。そんな中、たまたま運よくGoogleから内定を貰うことができ、一年ほど働かせて頂き、無事に奨学金を返済したタイミングで転職。

2社目はマーケティングに特化したコンサルでしたが、ここも1年程度で退職しました。

なぜ転職したのか、退職したのか。この辺もあまり明確ではありません。このようにキャリアを形成したい、という考えがあったわけではなく、何となくです。

サッカー、パイロット、英語、Google、ITコンサルを経てニートとなり、さて何をしようかと思っていました。
 
 
>>>【中編】「仕事の軸は、ない」 “平社員” 水島俊介が最年少CEOとなるまで  に続く